日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏山を仲間と二人で縦走していた時のことだ。

53 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/07(水) 19:17:29 ID:IGrGF9If0

友人の話。

夏山を仲間と二人で縦走していた時のことだ。
その日は河原にテントを張り、釣った魚を夕飯にしていた。
腹も満たされてそろそろ寝ようかという頃合、人の声がした。

「入るぞ」

渋い男の声が、テントのすぐ外から掛けられた。
思わず仲間と顔を見合わせる。咄嗟に声が出ない。




「入るぞ」

もう一度声は呼ばわった。

仲間は怖い顔で、指を口の前に立てて“声を出すな”のジェスチャーをした。
固唾を呑んでその指示に従う。
うっかり返事をすると、声の主がテントに押し入ってくるような、そんな気が
したから。
後で確認したところ、仲間もまったく同じことを考えていたそうだ。

その後も間隔をおいて「入るぞ」の声は聞こえ続けた。
何度目の問い掛けだったろう。
身動きもせずに固まった二人の耳に、先までと違う文言が届いた。

「招かれないんじゃ仕方がない。残念だが出直そう」

それきり声は二度と聞こえなかった。


54 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/07(水) 19:18:27 ID:IGrGF9If0

(続き)
安堵の溜息を吐きはしたが、言葉を口に出すのが恐ろしかった。

どこかでアレが聞いているような気がして。
声を出して会話すると、またアレが声を掛けてくるような気がして。
闇の中から。

取り敢えず筆談で意思疎通し、交代で番をしながら寝ることにした。
無事に夜が明けてから、やっと声が出せたのだそうだ。
「何だったんだ、アレ!?」

答えは見つからず、その日のうちに強行軍で山を下りたのだという。


怪談実話 痕(しるし) (竹書房恐怖文庫)
黒木 あるじ
竹書房
売り上げランキング: 156271

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

「どうぞ」って返事したら、どうなったのかな…?

2010年04月10日土 URL #- /編集

この手って、野宿狙いの両刀使い系の事が多いよね。

2010年04月10日土 URL #- /編集

遣ろうか水

2010年04月10日土 URL #- /編集

 「招かれないんじゃ仕方がない。残念だが出直そう」って言ったてことはいちお常識のあるやつってことは確か。でも「出直そう」ってそのうちまた来るの?

2010年04月11日日 URL コワイコワイなー #- /編集

吸血鬼は中から招かれないと、建物内に入れないって言うよね

2010年04月11日日 URL #- /編集

「招かれないんじゃ仕方がない。残念だが出直そう」
なんかこの文のせいで台無しだな...嘘っぽく聞こえる。

2010年04月11日日 URL #- /編集

>>6
その普通言わなさそうな台詞があるから逆に本当っぽいと思うよ。

2010年04月11日日 URL #- /編集

>>7に同意。
自分もこの台詞があるから、余計に怖く感じる。
この手の話しよく聞くよね。
自分が聞いたのは一晩中テントの周りをだれかが歩いてる足音がしてた、ってのだけど…

2010年04月11日日 URL #- /編集

入るな。って答えたんじゃ駄目なの?

2010年04月11日日 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。