日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺が父方の叔父の家へ行った時に起きた話。

57 :本当にあった怖い名無し:2010/04/07(水) 20:23:22 ID:Le9gZ4dQ0

書き込みついでに話を一つ。
おととしの五月頃、俺が父方の叔父の家へ行った時に起きた話。




母親に頼まれて蕨(わらび)を取りに山道を歩いていると、誰かがぼそぼそと話す声が聞こえてくる。
しかし、声の方を見ても其処には崖があるだけで誰の姿もない。
声の正体がわからず首を傾げて歩き出すと、再び聞こえ始める誰かの話し声。
声の方へ何度か視線を巡らせて、俺はようやくそれに気付いた。

何時の間にか俺の肩に止まる一匹のバッタ。
しかしそれはただのバッタではなかった。……何せそのバッタは人の顔をしていたから。

ヘンな物を見た驚きの余り、硬直する俺の様子に気付いたのか
人面バッタは「みつかった、みつかった」といいながら俺の肩からピョンと飛び降りた。
無論、俺は我に帰るや即座にバッタの飛んで行った方を探したが、バッタは見つかる筈もなかった。

叔父の家に帰った後で、叔父へその話を話すと
叔父は俺の話を疑う事もなく、「山には昔からそう言う”モノ”が多い」と一言返しただけだった。

ちなみに、この日は幾ら探せど蕨は一本も取れなかった(´・ω・`)


怪談徒然草 (角川ホラー文庫)
加門 七海
角川書店
売り上げランキング: 30878

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

 固まってる暇があったら捕まえないと。しかるべき所に持っていったら白衣を着た人たちが小躍りして喜ぶはず。
 ところでその飛蝗どんな顔してたの?男?女?子供?大人?年寄り?顔の色も気になる。

2010年04月11日日 URL コワイコワイなー #- /編集

デビルサマナー 葛葉ライドウを思い出したな

2010年04月11日日 URL マーシー #- /編集

かわいいじゃん

2010年04月11日日 URL #- /編集

俺だったら、固まる前に、
山中に響く奇声を上げるだろう。

2010年04月11日日 URL #- /編集

バッタにばったり

2010年04月11日日 URL #- /編集

うける~w

2010年04月12日月 URL わか #- /編集

頭がバッタで体が人間の“モノ”に出会すより良かった。

2010年04月12日月 URL えっくす #MCWqbLaQ /編集

>頭がバッタで体が人間の“モノ”
[ジョッカーの基地、ここ]

2010年04月12日月 URL #- /編集

ショッカーだろょ

2010年04月12日月 URL 呪 #- /編集

イーイー

2010年12月05日日 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。