日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が中学生の頃、合唱コンクールっつーのがあった

21 :1/2:2010/04/14(水) 01:26:20 ID:iZVgWzuF0

過疎ってるぽいので思い出しカキコ

私が中学生の頃、合唱コンクールっつーのがあった
なんかうちの学校では妙に力の入ったイベントらしくて、放課後でも皆残って
練習したりしてた
で、まずは曲を何にするか?っつーのも、教師が勝手に決めるのではなく
生徒達で決めたりもした。最終的には担任が決定するけど



で、ある日私たちは音楽室で何を歌うか選んでいた
たぶん英語担当の教師(以下K先生)が一緒だったと思う
生徒も私以外に10人くらいいたと思う
随分昔の話なんで、当時はテープだった
で、候補曲をテープレコーダーで聞きながら決める訳だ
数ある合唱曲の入ったテープを見ていたら、K先生が
「面白いのがあるぞ」(っぽいことを言ったと思う)
とか言って、1本のテープを出した
その合唱曲は「木琴」だった
で、K先生がレコーダーに入れて再生開始
最初は普通に曲が始まった
K先生が「ここからがな・・・」とか言って皆が妙に緊張した
間奏だったと思う。
急に戦火(WW2だと思う)の悲鳴やら轟音がしだした
で、間奏が終わり歌が始まったらそれは止んだ


22 :2/2:2010/04/14(水) 01:28:55 ID:iZVgWzuF0

その時は、その「木琴」という曲が中学生には難しいだろうという事で
コンクールには歌わないことになった

しかし、なぜか当時の私はそのテープを持ち帰らせて貰った
ただの好奇心だった。今もここにいるくらいだしw
コンクールが終わった頃、友人たちとテープを聴きなおした
戦火の部分が聞いたときよりも長くなって鮮明になっていた

悲鳴やら「おかあさん」と呼ぶ声や、多分戦闘機の音だと思うけど
「ゴォー」という音や火災?のような音もあった
妙に生々しかった
好奇心はあったものの、怖かったのでそのテープはそのまま
返しそびれ、自宅に残したままだった

今、私は社会人になって実家を出ている
たぶん、そのテープはまだ実家にあると思う
怖いので、あれから聞きなおしはしていない


壊れた少女を拾ったので (角川ホラー文庫)
遠藤 徹
角川書店
売り上げランキング: 179487

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

今すぐ実家に帰って探してMP3でうpしる

2010年04月16日金 URL #- /編集

聞いてみたい…


しかし何故借りた物を返さない。

2010年04月17日土 URL #- /編集

貴重っちゃ貴重だし、
場所と機会的に、不謹慎といえば不謹慎のような。

2010年04月17日土 URL #- /編集

この歌知ってる。「妹よ~」ってはじまるやつ。隣のクラスが歌うことになったんだけど、なぜか取りやめになった。ちなみに国語の教科書に載ってたと思う。

2010年07月11日日 URL #- /編集

本当にありますよねこの曲。
中学生の時に親しい友人のクラスが木琴を選んで、その子が伴奏者だったので記憶に残っています。多分その木琴と同じ木琴でしょう。その木琴も戦争の事実を元に作られた曲だったので(木琴を大切にしていた妹が戦争で亡くなった後に、兄が妹と木琴を重ね合わせて悲観するという内容)。
お手本テープなど何度か聞きましたが、わざとそういった戦争の面影などが声や騒音で入っていた覚えはありません。そこが肝なんでしょうね。
本来の木琴は普通の、きれいな曲ですよ。

2010年10月01日金 URL #- /編集

木琴って確か、戦争題材の曲じゃなかったっけ…
詳しいこと忘れたけど、中学の合唱コンクールで別のクラスが歌ってた気がする

2011年09月13日火 URL #- /編集

木琴、中学生の時に歌いました。
本当難しかった~(^-^;

2011年09月19日月 URL やま #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。