日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生の勘てあるよね?あれって大事だなと思った話。

169 :本当にあった怖い名無し:2010/04/17(土) 12:35:17 ID:GSemJfUk0

野生の勘てあるよね?
なんか、ここ、ヤバイな、嫌だなっての。
あれって大事だなと思った話。

近所に、どうしても好きになれない場所がある。
何箇所かあって、2番目に嫌な気分になる場所なんだけど、
別に日当たりが悪いわけでもないのに、なーんか、暗い感じ。
神社があって、綺麗にされているのに、なーんか寂しい感じを受けてた。

その話を、オカルト好きな兄に話したんだよね。
そうしたら兄曰く、あそこはヤバイらしい。



170 :本当にあった怖い名無し:2010/04/17(土) 12:36:48 ID:GSemJfUk0

つづき

実は兄の友達がその近所に部屋を借りたらしい。
激安の部屋で、窓すらない。(唯一窓があったと思われる場所はベニヤ板で覆われている)
そこに引越してから友人はおかしくなったらしい。
「窓から高校時代のクラスメイトが俺を笑いに来ている」
「テレビから人が出てくる」とか常に言っていたんだと。
それを聞いた兄は
「クラスメイトがわざわざ来るわけ無いだろ。気のせいだ」
と答えたそうだ。
その時は、オカ好きにも関わらず、何かおかしいとか全然思わなかったそうだ。
その内友人は心を病んで残念な事になってしまった。

兄はその友人が亡くなってから何かあの場所がおかしいとやっと思えるようになったらしく、
霊が見えると言う人(サービス業なので客)に相談したそうだ。
その人曰く、
「あそこは出るよ。だから前の住人がベニヤで覆ったんだよ。見えたんだろうね。
そんなことしても無駄なのにね」
だそうで。


ちなみに、野生の勘の鋭い旦那に場所の話をしたら(兄友の話は一切していない)
「俺、あそこは嫌いなんだよね」

皆さんも、野生の勘は大切にして下さい。


おがみむし (角川ホラー文庫)
遠藤 徹
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 390365


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

友人が死ぬ当初も、
家に遊びに行ったりしただろうし、
その時に嫌な感じを受けなかったあたりも、
オカルトだね。

友人に全パワーが注がれていたって感じ?

2010年04月18日日 URL #- /編集

その場に長時間居ると影響が出るのかもな
遊びに行ったって言っても、何日も泊まったわけじゃないだろうし
もしくは時間帯によって嫌な感じがしなくなるとか?

2010年04月18日日 URL #- /編集

このスレわかるわ~。何かここ嫌だなと思ったところは絶対何かある。野生の勘よりは女の勘が欲しいと思う今日このごろ…。

2010年04月19日月 URL わか #- /編集

 低周波とかじゃないの?それかヤク?

 そういえばサンタはテレビから出てくるって聞いたことある。

2010年04月20日火 URL コワイコワイなー #- /編集

自分もそういうのたまにあるなぁ
自分の場合は前に住んでた家の階段登り終えた所が嫌だった。
自室が二階にあるから毎日のように上り下りしてたけど、どうも暗いっていうか嫌な感じがしてた
まぁ住んでた時は特に何も無かったけどねw

2010年04月29日木 URL #- /編集

俺もあった友達とお祭りいった後の帰り道6時ぐらいに帰ったんだけどその通りは、人もいないし建物は壊れていたりして怖かった
友達がここすぐ抜けようかって言い出して抜けたけど友達いわく人の声がたくさん聞こえたらしい

2011年07月28日木 URL deron #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。