日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渓流で一人釣りをしていると、背後から声を掛けられた。

127 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/15(木) 20:31:14 ID:zrX5pedS0

友人の話。

渓流で一人釣りをしていると、背後から声を掛けられた。
「何しとるのかね?」
鮎を釣ってるんだ、そう答えながら振り向くと、そこには異様なモノがいた。



身体は赤犬だったが、首から上の顔は老爺のものだった。
毛並みは綺麗にしてあり、きちんとお座りをしている。

驚いてポカンとしていると、人面犬は再び口を開いた。
「鮎か。久しく食っておらんの」

その言葉を聞いて、何故か恐怖より先に親近感が生まれたという。
釣り上げた鮎を人面犬の前に置いてやり、良ければどうぞと勧めてみた。

「や、これはすまんの。ありがとう」
犬は感謝すること頻りで、大人しく鮎を喰らい始めた。
器用に前足で押さえながら、中々に上品な食べ振りだったという。
生で良いのかと問うたところ、生が良いのだと答える。

「薄味が好みでの。人の味付けはちと合わん」
そう言ってカラカラと笑った。


128 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2010/04/15(木) 20:32:02 ID:zrX5pedS0

(続き)
人間の顔してるのに?と彼がおかしそうに聞くと、
「そうよなぁ、おかしいわなぁ」とこれまた笑ってのける。

結局その日の午後一杯、犬は彼の横でゴロゴロとしていた。
他愛もない会話をしながら、時折お裾分けの鮎を齧って過ごす。
犬は山や沢のことに色々と詳しく、感心させられる話題もあったらしい。
彼曰く、中々に楽しい一時だったそうだ。

日没が近付き帰り支度を始めると、犬が別れの言葉を口にする。
「楽しかったよ。また来い」
自分も楽しかったよと返し、別れを告げてから山を下りた。

彼はその後も、何度かそのポイントへ出掛けているのだが、あれ以来
あの人面犬とは出会えていないという。

元気にしていたら良いんだけどな、そう言って彼は微笑んだ。


殺人鬼を飼う女 (角川ホラー文庫)
大石 圭
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-11-25)
売り上げランキング: 49034

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

かわいいなぁ

2010年04月19日月 URL わか #- /編集

こーゆーの好きだな

2010年04月19日月 URL #GlGuVMiE /編集

微笑ましい。
また出会えるといいね
いい話しだな~

2010年04月19日月 URL #- /編集

犬爺さんかわいい

2010年04月19日月 URL #- /編集

言い回しが一字一句正しかったとして、

>「楽しかったよ。また来い」
来い、という言い方からして、
川か、山辺りの主だったのだろうか。

地位によっては、
来てくれとか、来て欲しいとか、
もう少し緩やかな言い方になるだろうから。

2010年04月19日月 URL #- /編集

こういう話を聞くと
科学なんかでは説明のつかない存在って
実際にあってほしいと感じる

2010年04月19日月 URL   #- /編集

なんか、すごく良いな……

2010年04月20日火 URL #- /編集

前のバッタの話もそうだったけど、身体が獣や虫でも顔が人間なら人の心を持つのだろうか。古典怪奇映画『ハエ男の恐怖』のラストシーンでは、心はどうも蠅そのものだった様だが。

ところでこの“犬”。
山や川の主(ぬし)なら目の前に沢山泳いでる鮎を滅多に喰えないというのは変だ。
どこか卑屈だし、そこらを縄張りにしているヘンテコ妖怪に違いない。

2010年04月20日火 URL えっくす #MCWqbLaQ /編集

ヘンテコ妖怪でも、かわいいからいいじゃん。

2010年04月20日火 URL #- /編集

所々中二臭いなあ

2010年04月20日火 URL #- /編集

中二の意味わかってないだろ

2010年04月20日火 URL #- /編集

 「鮎か。久しく食っておらんの」年を取って泳げなくなったのかな?
 
 人面生物・・・生物学的に体の構造がどんな風になっているのかすごい興味がある。
 ところで顔が人間っていうのはよく聞くけど体が人間っていうのは聞かないなー

2010年04月20日火 URL コワイコワイなー #- /編集

↑ 昔から、体が人で頭が牛という件(くだん)と呼ばれるモノがあって、それが目撃されるのは大きな災害の予兆といわれています。
コワイコワイですよー!

2010年04月21日水 URL えっくす #MCWqbLaQ /編集

↑ちなみに件は頭が人で体が牛であるというバージョンもあります。

体は人で頭は何か…そういえば馬仮面はたまにみるけどね。

2010年04月22日木 URL わか #- /編集

 ウィキペディアには古くは牛の体と人間の顔の怪物であるとするが、第二次世界大戦ごろから人間の体と牛の頭部を持つとする説も現れた。
 第二次世界大戦末期から戦後復興期にかけては、それまでの人面牛身の件に代わって、牛面人身で和服を着た女の噂も流れ始めた。以下、これを仮に牛女と呼称する。

・件は牛から生まれるが、牛女は人間から生まれる。

・件は人面牛身、牛女は牛面人身。

・件は人語を話すなど知性が認められるが、牛女にはそれが認め難い。
 
 といった対立点があり、あくまでも件と牛女は区別すべきと言う主張もある。って書いてある。

 だから体が人で顔が牛だと件じゃないよ。

2010年04月22日木 URL コワイコワイなー #- /編集

ホワイト家族のお父さんの顔が北大路欣也だったら…と想像した

2010年04月23日金 URL #- /編集

人面犬の話しがいつの間にやら、件の話しになってるね

2010年04月23日金 URL #- /編集

数ある怪奇現象の中でも,人面犬は悪いイメージ無いよな。

2010年04月25日日 URL #KPRyFQWg /編集

犬の着ぐるみを顔だけ出して着てた爺さんじゃねーの

2010年04月27日火 URL #- /編集

※19
それは怖い

2010年04月30日金 URL #- /編集

人の味付けは・・・


・・・

人間か、久しく食っておらんの。

2010年06月07日月 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。