日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

患者

922 :('A`):2007/07/21(土) 18:51:55 0

私はある精神科病院で医師をやっていた。その病院には重度の精神病患者達が集められていた
こういうところで働く人の平均寿命は激務ゆえ一般のそれより短い
私の所には優秀な助手がいた。
彼はクランケ(精神病患者)からも人気が高く、仕事も良くやった
ところで彼は面白い持論を持っていた。彼が言うには
「統合失調症は精神の病気でなく実はわれわれ正常な人には見えていない世界が存在し
統合失調症患者にはその世界とわれわれの世界が混ざって見えているため
行動や思考がおかしくなるのではないか」
というものであった。サイエンスをやるものからしたらとんでもない理論であったが
彼は結構それを信じていた。私は「面白い意見ではあるね」と聞き流していた
ある日、その彼がものすごい勢いで私のところに来て、
「すごいことが起こっているから見に来てほしい」といった
私が見に行くと二人の患者がフリールームで会話をしていた
確かに重度の精神病患者が会話を行うことは珍しいと思ったが、
彼らの会話は両者つじつまがまったく合わない独り言であり会話ではなかった
「なんだ珍しくないじゃないか」と思ったその時にはっとした
彼らの発言にはつながりがあるのである。ただ、会話としては成り立っていない
しかし、彼らが二人でなく複数で会話しているとしたらどうだろうか
そう思ってみると、彼らはあからさまに見えない一人を含め三人で会話しているのである
923 :('A`):2007/07/21(土) 18:58:51 0

私は驚いたが
「これは偶然だろう」と助手に伝えた
しかし、助手は確実に”見えない人”がココにはいるといってもっと調べて見るといい始めた
彼はその日から仕事よりもその”見えない世界”の”見えない人”を調べることに必死になっていた
彼は私に「いつかきっと自分にも見えるようになると思います。
そうなれば現代社会を覆す大発見ですね」といっていた

そしてその突然日は来た。彼は私のところに駆け寄ってきて
「見える。みえるみえる。はははははは」といった

私はそれからすぐに仕事を止めた
彼はまだあの病院にいる。医師としてではなく患者となって・・・・
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

統合失調症の女性が、『自分の弟が統合失調症ではないか』と医者に相談していたのを見た。
しかもその医者は『本当に弟さんは存在しますか?』って言ってた。こえ~~~

2007年07月25日水 URL ニョッキ #- /編集

正常な人には見えていない世界ってほんとうにあったんだな

2007年07月25日水 URL #- /編集

怖えぇぇ

2007年08月03日金 URL #- /編集

医者の不養生か・・・。
確かに精神科医って結構鬱病とかになりやすいって言うね。毎日思考回路の狂った人と接してるわけだし・・・。

2007年08月18日土 URL 名無し!!(群馬県) #- /編集

(´・д・`;;)怖いです

2008年03月17日月 URL あさこ #- /編集

精神科医の人には不思議な人が多いそうで・・・。

2009年01月06日火 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。