日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当時の私は中学生くらいだったと思う。

657 :本当にあった怖い名無し:2010/04/25(日) 08:57:24 ID:zI7FaIst0

当時の私は中学生くらいだったと思う。

学校をズル休みして昼寝していたら金縛りにあった。
元から疲れたりするとよく金縛りになるような体質だったので
いつものことか、と無理矢理二度寝しようとしたのだが
その日はどうも霊障系だったようで…



突然仰向けに寝ている額のあたりをグイグイと誰かが押さえつけてきた。
金縛りにあいながらも目を開けると
どうやら何かの紙片を顔に押し付けられてるらしかった。
いかんせん近すぎてボヤけたその紙片の詳細までは見えなかったが
手書きの地図で目的の場所に×印がついていたのがわかった。
そうこうしている間に寝てしまったので結局それだけのことだった。

夕飯の時にその話をしたところ、
妹から意外なリアクションが返ってきた。
もしかしたら同じ霊に会ったかもしれないとのこと。
実はこの妹もその日ズル休みをして昼寝していたのだが(笑)
同様に金縛りにあい、しかも見ちゃったらしいのです。

(続きます)


658 :本当にあった怖い名無し:2010/04/25(日) 08:58:40 ID:zI7FaIst0

(続き)

ガタンゴトン…ガタンゴトンと電車の音で目を覚ますと
目は開けられるのに金縛り状態だったそうだ。

「(ガタンゴトン…)…ですか?」
声の方を視線だけで見ると窓の外、ベランダに片腕が無くそこから血を流した女が立って居た。
薄緑色のポロシャツを着ていたのが印象に残っていると言っていました。

「(ガタンゴトン…)…さん、ですか?」
電車の音に掻き消されているが「娘さんですか?」と言っているのが聞き取れた。
それで妹は怖さの余り「違います!」と心の中で答え、
そして何を思ったか次に「向こうです」と私(姉)の部屋の方向を目線で指した。
そうすると女はその方へ、ベランダ伝いにゆっくり歩いて行って見えなくなったとか。

つまり、私の所に来たのは妹のせいだったわけです…
その話を聞き、たしかに見せられた地図には路線が書いてあったと気付き
これは無関係ではあるまいな、といよいよ寒くなった。
本当なら地図の場所に行けば何か進展したのかもしれないが
あいにくボヤけて見えなかったわけで、ここで終了。

腕が切れていたのだし×印の所に腕があるのでは、とか
「娘さんですか?」の言動から父親の愛人では!?等

今でも我が家の食卓の話題としてのぼる体験談でした。


鼻 (角川ホラー文庫)
鼻 (角川ホラー文庫)
posted with amazlet at 12.02.10
曽根 圭介
角川書店
売り上げランキング: 83033

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

父親の愛人とかww
そっちのが洒落になんねぇよww

2010年04月27日火 URL #NAfcUkAc /編集

 「オカルト現象の科学」っていうサイトに金縛りは100%科学で解明できる!ってでてるよ。
 それによると「金縛りは医学用語では『睡眠麻痺』と呼ばれ脳が覚醒に近い状態で活動しているレム睡眠の最中に起こります。レム睡眠のときは全身に脳から『動くな』という命令が出されていて、体の力が極端に抜けている。特に目が覚めた状態から突然レム睡眠に入るときは、いない人が見えたり変な音が聞こえたりという『入眠時幻覚』を体験することが多いい。仰向けで寝たり夜更かしをして明け方に寝るとか2回に分けて寝るといった不規則な睡眠サイクルをしていると金縛りにあいやすくなる」らしい。

2010年04月27日火 URL コワイコワイなー #- /編集

なるほど…勉強になります。確かに私が金縛りにあうときはそんな感じでした。

2010年04月28日水 URL わか #- /編集

問題なのはそれが本当に幻覚かだよな
科学だと科学的なことしか言えないから幻覚としか言わないわけで

2010年04月28日水 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。