日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばーちゃんちの近所

111 :本当にあった怖い名無し:2012/01/09(月) 19:59:26.84 ID:8ahVvrgY0

うちのばーちゃんちの近所に昼間からいつも酔っ払ってるおじさんがいた。
そのおじさん、いろんな場所を徘徊する癖?があって、目が会ったら絡んで来るわ、持ってた鎌で威嚇するわ、
普段からそんな感じだったから近所の人どころかその人の兄弟すら相手にしていない有様だった。

そんなある夏の日、ばーちゃんちの近所で「何か臭い」「最近何となくハエが多くない?」と
話題になっていたらしい。
その「臭い」が日に日に強くなっていき、「これはもしや・・・」と話になった。

徘徊癖と「危険人物」扱いのせい、ってのもあるんだろうけど、
そもそも夏場だと言うのに全ての雨戸を締め切った状態で長期間誰も姿を見ていない事を、
兄弟含め周囲の方々全員がその時、気付いたそうな。

で、兄弟の方が呼ばれてその「家」に入ったそうだけど、
入って名前を読んでも返事が無い。一階を見て回っても誰も居ない。

で二階かもしれないと恐る恐る二階にあがってみたら居たそうです。
真っ暗な部屋の中、敷かれた布団に確かに人が寝てる感じ。

で、腐臭のする暗くて蒸し暑い部屋の締めきってた雨戸を開けたら光に驚いたのか
トンデモナイ量のハエが一斉に飛んでパニック状態に。
その後、警察が来るわ腐乱しすぎてて階段から下ろせずにクレーン使うハメになるわで大騒ぎだったらしい。

そして程なくしてその家は取り壊されました。元々古い家だったけど。

それ知ってしばらくはばーちゃんち行った時には怖くって遠回りして帰ってたなぁ。


お初の繭
お初の繭
posted with amazlet at 12.02.10
一路 晃司
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 295898

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

本気で復活?

2012年01月24日火 URL #- /編集

クレーン使うんだ
そんなにきれいに運び出す理由ってあるのかな?

2012年02月04日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。