日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年以上前の話。

144 :本当にあった怖い名無し:2012/01/05(木) 01:45:45.32 ID:nxlOhTu00

10年以上前の話。
ちょうどブラックバスブームで、釣りにハマってた頃
友達が新車を買ったから、それで釣りにいこうって、誘ってきたんだ。

確かインプレッサのWRX。
スポーツカーも流行ってたからw



おおー!すげー!なんて、いって、納車5日目くらいだったはず
某有名心霊スポットが、ブラックバスの絶好の釣り場になってたんだ。
いつもの釣り場とは違うけど、ビックサイズがあがるからそこに行こうってなったんだ。

細い道にはいって、ぐねぐね道を進んでいく。
「おー!やっぱ坂道でも全然関係ないくらいはしるねえw」
「あたりまえやろwWRXやぞw」
なんて会話しながら走っていると


146 :本当にあった怖い名無し:2012/01/05(木) 01:50:46.35 ID:nxlOhTu00

・・・あれ?今明らかにガードレールの外に人いなかった?って思ったんだ。
でも運転してる友達に言うのはアレかな、とおもっていると、友達が
「ねえ、今ガードレールの外に何かたっていなかった?」っていいだしたんだ。

「お前もみた?」なんて話になって、それでもぐねぐね道を進んでいったんだ。
道を進んで行くにつれて、「何か」がいる気配が強くなってきて、ほんと徐行しなけりゃ
曲がれないようなカーブを抜けた先に
いたんだ。それが。道の真ん中に。
「うわっ!うわうあわ」
「マジ!やばい!ひきかえせ!」
でも転回できるような広さはない。
離合も難しいような細い道だった、「バックでさがるしかない!」
って、すごいスピードでバックしはじめる友達
すごいスピードでおっかけている何か。

二人とも後ろをみながらバックしてると

148 :本当にあった怖い名無し:2012/01/05(木) 02:00:02.53 ID:nxlOhTu00

道にいたもののナニかが、ボンネットの上に乗ってるんです。
二人共が。「絶対前見るなよ!絶対みるなよ!」ってお互いに言い聞かせながら
バックでそのまま下山。
もちろん、リアなんてぶつけまくり、新車なのに。。。。

どうにか麓まで降りて、転回して、無事家路についた。
クタクタになって、お互い何もいわず、俺の家に帰って寝た。


次の日、ボディがどうなったか二人で見ることに。
朝起きて、昨日のなんだったんだろうな、とか、新車なのに。。。とかいいながら駐車場に。

「うわー、めちゃくちゃやん」
「新車なのについてねえ。。。修理いくらくらいかかるんやろ」
みたいな会話しながらリア周りを見てた、ボッコボコだった。

「ほんとついてな・・・・」と、いいながらボンネットのほうに回り込む二人。
フロントの窓ガラスを見た瞬間二人とも凍りついた。


フロントガラスに無数の手の後が残っていたんだ。


今までで経験した一番怖い話です。


庵堂三兄弟の聖職 (角川ホラー文庫)
真藤 順丈
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-08-25)
売り上げランキング: 470619

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。