日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の趣味はネイチャーフォトで、よく山や海に写真を撮りに行く。

189 :本当にあった怖い名無し:2012/01/06(金) 14:23:06.63 ID:xlzG/AjD0

1週間くらい前の話。
私の趣味はネイチャーフォトで、よく山や海に写真を撮りに行く。
その日もこの時期産卵のカエルを撮影しに山に入った。
大抵20時から歩き出して0時とかには帰ってくるんだが飯食って寝落ちして
目が覚めたらすでに11時を回っていた。
雨も少し降ってるしやめようかとも思ったがあまりに暇なので準備して歩き出した。

190 :本当にあった怖い名無し:2012/01/06(金) 14:25:57.06 ID:xlzG/AjD0

ちなみに実はすごくビビりなので片耳にイヤホンつけて音楽聞いてテンションを上げて歩いている。
目的地に着いたのが0時10分ごろ。
いつものように被写体を探して歩いたけどなかなかいいものが目に付かなかったので
あまり行かない道の脇に入り奥に進んだ。
少し歩きながら地面とにらめっこしてたらやっと一匹カエルを見つけた。
ゆっくりしゃがんで撮影を開始。


191 :本当にあった怖い名無し:2012/01/06(金) 14:28:11.74 ID:xlzG/AjD0

何枚か撮った時に「おい」と声をかけられた気がして周りを見た。でも誰もいない。
聞いてる音楽かとも思ったがそれにしてははっきり聞こえた。
少し戻して聞いてみてもそんな音は入ってなかった。
この時点で私の小さい肝っ玉は悲鳴を上げだしていた。



192 :本当にあった怖い名無し:2012/01/06(金) 14:30:50.15 ID:xlzG/AjD0

しかし、いい感じでカエルが構えているので粘ってもう数枚撮った。
その時、首筋にぬれタオル当てられた感触がしてハッとなった。
その瞬間私は速攻撮影をやめて後ろを見ずに明かりがあるとこまで走った。
今までも少し不思議な体験したことはあったけど、ここまで露骨なのは初めてだった。


193 :本当にあった怖い名無し:2012/01/06(金) 14:32:53.01 ID:xlzG/AjD0

後日、昼間にその場所に行ったら夜は気づかなかったけど割れた骨壺(私が割ったわけじゃないよ)と骨が少し散らばって落ちていた。
これは申し訳ないことをしたと思い頭を下げて帰ってきた。

琉球列島のとある島の体験談でした。初書き込みで読みにくかったと思います。失礼しました。


ミミズからの伝言 (角川ホラー文庫)
田中 啓文
角川書店(角川グループパブリッシング) (2010-09-25)
売り上げランキング: 362124

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。