日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわゆる熱帯夜で寝苦しくて

445 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/02/19(日) 19:08:38.10 ID:NSY59fysP

去年の夏の話。

いわゆる熱帯夜で寝苦しくて、夜半過ぎてもなんとなく寝てるんだか
起きてるんだかわからない感じだったんだ。
時計は見てないけど、感覚として夜中の3時すぎくらいな気がした。
ふと部屋ドアが開いたような気がして、すっと意識が戻った。
半分以上寝てる状態で、身体も動かせないし目も開けられないんだけど
なんとなくドアのところに壮年?の男の気配がして、部屋の中をじっと
見てる感じがした。
同居の家族はいるけどそんな年頃の人はいないし、真夜中に離れの部屋に
来ることなんて今までなかった。
よしんば家族だったとしても声かけないってのも変だし。

寝る前に霊体験の恐怖漫画読んでたこともあって、怖えーよ、なんだよ、
消えろよってずっと念じてた。
そうこうしてるうちにすーっとドアが閉まった感じがあって、気配が遠ざかった。
時間的には30秒くらいだったと思うけど、なんかすごく長く感じた。
なんだったんだ今のは、怖い漫画読んでたからなんか呼んじゃったのか?
自分霊感なんてないはずだぞ、これから見えるようになっちゃったらどうすんだよ
と思いつつも睡魔に負けて寝ちまった。

で、翌朝。
夜勤から帰った弟がトイレの窓ガラスが無いことに気づいて大騒ぎ。
離れのそこここに足跡が残ってて、昨夜の気配が空き巣だったことが判明。
被害は何もなかったけど、ある意味幽霊よりも怖い体験だった。


眼球綺譚 ―COMICS― (角川文庫)
綾辻 行人 児嶋 都
角川グループパブリッシング
売り上げランキング: 237334


関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

こういうのが一番怖い

2012年03月17日土 URL #- /編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2014年03月24日月 # /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。