日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度だけ仕事中に腰を抜かしたことがある

707 名前:本当にあった怖い名無し[・・・・] 投稿日:2012/02/15(水) 10:25:57.58 ID:U5bbg+XX0

大学病院に勤めていたインターン時代、一度だけ仕事中に腰を抜かしたことがある。
深夜、凍死したホームレスの解剖を手伝った時のことだ。
凍ったままでは解剖できないから、私は遺体にお湯をかけ、15分ばかりマッサージに専念した。
すると、遺体が「ゲフッ」とゲップしたのだ。
マッサージで肺が刺激されたためで、これだけならそう珍しいことではない。
だが、遺体の右腕がすうっと5センチばかり持ち上がったのには驚いた。
温まって硬直が解け、腕が下がるのなら分かるが、上がるというのは理論的にあり得ない。
ドクターに報告すると、「筋反射だろう」という。
そんなこともあるのかと疑問に思いつつ、解剖に入った。 
胴体の正中線を切り、内臓をすべて抜き取り、首から下が空っぽのズタ袋のようになった時点で、
それは起こった。遺体が喉のあたりから「あ”ー」というような音を発したのだ。
ギョッと立ちすくむ私に、ドクターは「ガス、ガス!(ガスが声帯を揺らした)」と言い捨てたが、
その彼の声も心なしか震えていた。

そして極めつけは、頭蓋をノコで切断し、脳をそっと取り出していた時。
遺体は、今度はハッキリ、唇から「いや”あ”」という声を漏らしたのだ!
これはもう、医学的に絶対説明つかない。ガスが発生する要素はすでになく、
声を発する気管も食道ごと抜いているのだから。
私は黙って廊下に出て、へたり込んでしまった。
妙な経験といったらこれぐらいだが、
あれは何だったのだろうと、今でも不思議に思う。


異聞フラグメント 悪霊 (恐怖文庫)
松村 進吉
竹書房
売り上げランキング: 89622

関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

こえええええええええええ
生きてたわけはないわなー

2012年02月28日火 URL #- /編集

心肺停止から、勝手に甦生出来る方法があります。
俺は4回の心肺停止から自力で甦生しています。
五体満足ならば、生き返れたのに。
可哀想・・・

2012年04月28日土 URL #- /編集

物理的にありえないなら体験者の精神的なもんだろう多分

2012年04月29日日 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。