日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまざき ゆり ちゃん

588 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/06/18(月) 18:17:40 ID:cAdcEcQ/0

小1の頃、よく一緒にいた女の子がいた
一緒にと言っても、まぁ学校でとか、家に帰る時ぐらいなもんだったけど
その子は男勝りな感じの子で、当時おとなしめな子供だった俺は
よくその子に「男らしくないよなオマエ」などとからかわれていた。

そんな彼女が、ある日を境に学校に来なくなった。
最初は風邪か何かかと思ったのだが、二週間が過ぎた頃になってさすがに気になり、
クラスの人に何か知らないか尋ねてみた。するとクラスの人は思わぬ答を返してきた。

「え? 誰その子?」

なぜだかみんな一様にそんな子は知らないと言う。先生も、親も。
さっぱり状況が飲み込めなかった俺だったが、ただ何となく彼女がいなくなってしまったのだけは分かり、
その夜はいきなり泣き出して親を困らせてしまった。

覚えてますか? やまざき ゆりちゃん
君は一体何だったんだろうなぁ
関連エントリー
Loading


この記事へのコメント

コメントなしとか しかたない とりあえず1get
あほな俺にだれか解説たのむ

2007年11月11日日 URL #- /編集

乙一のハジメの劣化でわ?

2007年12月09日日 URL 一 #- /編集

僕の妹の友達の妹が確かそんな名前だったな

2008年01月12日土 URL #- /編集

よくある、
身近にいた子がいなくなってから、周りに聞くと、
「そんな子、いなかった。」っていう
神隠しと逆のやつっしょ。
いるはずのない一人。
強いていうなら、座敷わらしに似た感じの。

2008年01月12日土 URL #JPFhFfqs /編集

多分トーチだったんだと思う

2008年01月26日土 URL #- /編集

コメントを投稿する
URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。