日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤いサイフ

488 名前:488[sage] 投稿日:2012/01/17(火) 03:44:28.57 ID:oEIUgkkN0

これは7年ぐらい前の話です。
高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。
実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。
一人暮らしを始めて三ヶ月ぐらいした時
会社から家への帰り道、毎日夕方6時頃いつも通る公園の横を歩いてると
なにげにフッっと公園と道路の溝に目がいって
見てみると赤いサイフが落ちてたのよ。

その日は神社だかお寺を掃除する日だったんだ。

660 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/23(月) 16:12:32.00 ID:3/S7kx7b0

実家いた頃の話。ピンポイントの情報で特定されそうだけど、
何か周りにウケが良かったので初めてだけど、とりあえず書き込みます。

実家の部落(差別的な意味じゃないよ)では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。
んでその日は昔から有りすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だったんだ。
部落の爺ちゃん婆ちゃんは何故かそこには近づかないので、その息子たちの世代(俺の親父の世代)が半年に一回くらい掃除するんだ。

子供の頃に変なものを見た。

62 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/14(土) 05:56:54.08 ID:UI2AIrGB0

二、三日かけてまとめたら、スゲー長くなってしまったんで
それでもいい人だけ読んでください。

子供の頃に変なものを見た。
遠縁で実際は血が繋がってないんだけど、親同士の仲がいいので
俺は夏休みになると毎年○家に何泊かしていた。
俺はその頃4歳くらいだった。
昼過ぎに遊び疲れて仏間の隣の部屋で寝ていると、側でポタッポタッって音がする。
で、なんかカリカリというか、ズルズルというか、何かが動いている気配がした。

後ろのおじさん

25 :本当にあった怖い名無し:2012/01/10(火) 22:20:40.51 ID:wxhZV8sW0

実体験の不思議な話しを書いてみる
これは、俺が小学三年生ぐらいの時にした体験です

それは当時 もののけ姫が公開された時で
学校の話題は、もののけ姫で持ち切りだった
そんなある日、家族でご飯を食べてたら姉が「ねぇお父さんお母さん、もののけ姫観に行きたい」と言った
なんだかんだで話しが進んで、その次の日曜日に家族全員(俺、姉、父、母)でもののけ姫を観に行くことになった

10年以上前の話。

144 :本当にあった怖い名無し:2012/01/05(木) 01:45:45.32 ID:nxlOhTu00

10年以上前の話。
ちょうどブラックバスブームで、釣りにハマってた頃
友達が新車を買ったから、それで釣りにいこうって、誘ってきたんだ。

確かインプレッサのWRX。
スポーツカーも流行ってたからw


どうもそこのドアスコープが気になっていた頃があった

221 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2012/01/16(月) 21:25:02.13 ID:5SnJnbtI0

8年前くらいの話

当時アパートに住んでいてそこに住み始めて長かったんだけど
どうもそこのドアスコープが気になっていた頃があった
きっかけは私が玄関の掃除をしているとき
なぜか見られているような妙な感じがしてキョロキョロしていて
ふっとドアスコープを覗いたらシーツか何かをかぶった人がいた
びっくりして目を離してしばらくそこを覗けなかった

実習が始まって三日目くらい、変な医者が居るのを見た。

546 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/01/20(金) 03:58:33.53 ID:0i4Ky2A30

二年前に関西某所の病院で学生の病院実習していた時の話。
実習っても学生は特にやる事も出来る事も無いんで白衣着て
入院患者さんと話して診察もどきしてプレゼンを書く、
その他はほぼ指導員の先生の後ろをついて歩くだけ。

実習が始まって三日目くらい、そうやって
先生の後ろについて歩いていると、変な医者が居るのを見た。

ある海辺の別荘の手直しに行った時の事。

105 :本当にあった怖い名無し:2012/01/07(土) 19:26:54.22 ID:NSVUjlOh0

少しだけ。
ある海辺の別荘の手直しに行った時の事。
そこは前オーナーが2階から1階の吹き抜けから首吊りした。

私の実家は関西の旅館で住み込みの従業員をしているのですが

745 :本当にあった怖い名無し:2010/04/25(日) 23:30:21 ID:br9t6Fmn0

初カキコします。

私の実家は関西の旅館で住み込みの従業員をしているのですが、
一度大学の友人を泊めた時の話。
友人が泊まりに来たのは
夏休みで8月の中頃だったと思う。


洒落にならないと思ったので投下させて頂きます。

532 :本当にあった怖い名無し:2010/04/24(土) 02:54:58 ID:5YT/IK93O

間違いなく洒落にならないと思ったので投下させて頂きます。

まず最初に、私には「霊感」という物が全く無く、またそういった類の物も信じてはおりませんでした。

「見える」という友人から霊の話を聞いていても、自分に見えないと存在が分からないし、
また友人が私を怖がらせようとしているだけだと思っていました。
しかしそんな私の考えを根底から覆す事件が起きてしまったのです



非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。