日刊都市伝説は都市伝説、怖い話、恐怖を中心とした2ちゃんねるまとめサイトです。

2chに書き込まれる都市伝説・怖い話の総合まとめ。

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数年前にアパートに一人暮らししていた時の話。

285 :本当にあった怖い名無し:2010/01/18(月) 11:41:18 ID:Pio/5w3Z0

数年前にアパートに一人暮らししていた時の話。
隣の部屋には、30前後くらいのカップルが住んでいたんだが
夜になると、結構頻繁に喧嘩していた。



見た、というより瞬間その場に居た、だけど。

773 :本当にあった怖い名無し:2009/12/05(土) 16:31:57 ID:Tk+jxwuZ0

見た、というより瞬間その場に居た、だけど。

ホームで電車を待っていると、対向車線が来るというアナウンス
(2番ホームを電車が通過します、というやつ)が聞こえてきた。
まだ電車が通り過ぎていない時に、今度は私が立っているホームに電車が到着するというアナウンス。
(その駅は二つホームがあり、各駅と区急しか止まらない)
ああ、電車が来るな、と思って何気なく携帯から眼を離して前を向いた、その瞬間。



今でも忘れられない事がある。

911 :本当にあった怖い名無し:2010/01/12(火) 13:08:20 ID:lw2QI+rY0

今でも忘れられない事がある。
俺が小学5年生だった頃の話なんだけど
授業の一環として、田植え~稲刈りまでの体験学習をやってたんだ。



被害妄想に駆られた義父が義母を手にかけた

307 :本当にあった怖い名無し:2009/12/24(木) 22:13:34 ID:1wS7bFct0

別れた夫の家族
被害妄想に駆られた義父が義母を手にかけた



気が狂うと思うほど凍り付いた瞬間

898 名前: おさかなくわえた名無しさん 投稿日: 2009/12/17(木) 10:20:39 ID:odRQVGMv

終電近く、地下鉄のホームの端で酔っぱらいが線路に向かってゲーゲーやり出した。
しばらく収まったみたいだったが、突然大きく線路に頭を付きだし口から噴水のようなゲロを延々と吐き出し始めた。
気持ち悪かったがあまりにもすごいので見続けてしまった。



以前は電車の運転士をしていた。で、一度だけ遭遇した人身事故。

126 :本当にあった怖い名無し :2007/09/30(日) 14:53:04 ID:CuKiKVogO

俺、今は塾経営しているけど、以前は電車の運転士をしていた。
で、一度だけ遭遇した人身事故。
場所は年に10回は自殺のある踏切で、その人もやはり自殺だったらしい。


駅のホームはなるべく奥に立たないといけない

448 :本当にあった怖い名無し:2009/12/03(木) 09:50:14 ID:NzK+ysJYP

幼いときに目撃したぞっとした光景。
駅のホームで電車をまっていたら、自分の斜め前に立っていた男性が
その後ろを通過する男とぶつかった。



一人暮らしを始めた頃、斜め向かいの家が火事になった

577 :本当にあった怖い名無し:2009/12/01(火) 20:55:04 ID:sYIOIfoF0

幽霊の話じゃないんだけど…

一人暮らしを始めた頃、斜め向かいの家が火事になった
大きな火柱上げてて「燃え移ったらどうしよう!」とパニックになってしまったぐらいだった



俺んちの隣の物件が洒落にならんのだけど。

602 :本当にあった怖い名無し:2009/11/23(月) 10:33:11 ID:gMMkQp680

俺んちの隣の物件が洒落にならんのだけど。

見た目は普通の2階建て、何の変哲もない家なのよ。
借家じゃない。普通の一戸建ての売り家。

100円玉を握り締めて

379 :本当にあった怖い名無し:2009/11/13(金) 17:19:00 ID:qe0fJmv00.

子供が道路に飛び出すのは、大人に比べて神経の発達が未熟なせいで、
視野が狭いから、と言う話を最近知った。



非存在管理者

  • Legends
  • urbanlegendjp99[at]yahoo.co.jp

其の他

  • seo

逆アクセス

Twitter


怖いもの


天使の囀り (角川ホラー文庫)

雷の季節の終わりに (角川ホラー文庫)

なまづま (角川ホラー文庫)

バチカン奇跡調査官  血と薔薇と十字架 (角川ホラー文庫)

菊燈台 ホラー・ドラコニア少女小説集成 (平凡社ライブラリー)

戦都の陰陽師 (角川ホラー文庫)

粘膜戦士 (角川ホラー文庫)

夜市 (角川ホラー文庫)

そこに、顔が (角川ホラー文庫)

セピア色の凄惨 (光文社文庫)

独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。